輸出トラック天気予報 2015年10月

株式会社ライジングサン商会

j_our_hours02.pngj_our_hours02.png
j_our_hours.pngj_our_hours.png

ホーム査定依頼査定依頼会社紹介会社紹介お問い合わせお問い合わせメールメンバーズメールメンバーズニュースニュース

ニュース
HOME > Japanese > ニュース > 輸出トラック天気予報 2015年10月

中古車輸出天気予報   No.047 (2015年10月版)

このメールは、顧客の皆さま向けの情報配信メールです。お取引をさせて頂いている
企業様のほか、弊社営業担当がお名刺を頂戴した方等にも送らせていただいて
おります。

中古車輸出天気予報
No.047 (2015年10月号)

先月に続きまして中国人爆買いの情報です。今年の7~9月の百貨店における免税手続き客数と売上高が過去最高との報道がされました。安倍政権は東京オリンピックの2020年までに訪日観光客年間2,000万人という目標を立てていますが、今年の見込みは1,900万人とかなり目標に近い数字になってきている様です。このままオリンピックまで順調に爆買いが続き、また観光客が増加してくれる事を期待しております。しかし7~9月期の免税手続客数と売上高が過去最高という情報の中身を時系列に分析すると意外な結果が見えてくる様です。9月の免税売上高は138億6千万円と前年同期比2.8倍と大幅増になりますが、前月の8月に比べると19%減と大幅減に当ります。9月は観光客が減る時期ではあるものの、落ち込み幅が大きい様に思われます。実際昨年のデータを見ると8月より9月の売上がわずかながら多かったのです。免税手続人数も19万2千人と前月比16%減となっています。もう一つ気になる数字が出ています。今年4月の一人当たり売上高8万2千円をピークとして、6月には7万9千円、8月には7万5千円、そして9月は7万2千円と昨年10月に免税範囲が拡大されて以来最低の数字になっています。もしかすると“爆買い”がピークアウトしたのかもしれません。中国景気の減速が報道されていますが、その影響が出始めているという事なのでしょうか?

外国人観光客の大幅増によって観光バス、ホテルの部屋数が足りないという現象が起こっているようです。日野自動車の中間決算前年比プラスの要因にもなった観光バスの販売増やホテルの建てかえや新規着工もオリンピックに向けて進んでいるようですが、一時的な現象になってしまうかもしれない今の状況を見て、長期的な回収期間が必要な固定資産への投資を決断してしまうのは経営判断として如何なものかと思ってしまいます。バブル崩壊後に観光バスの需要が激減し、多くのバス会社が廃業に追い込まれた事や、プリンスホテルなどは稼働率が上がらずに大幅に店舗数を減らしたりと老舗ホテルが辛酸を舐めた時期が最近までありました。オリンピックの前後にそれまでの好景気の反動で景気が落ち込むのではないかと考える日本人は多いそうです。景気が落ち込んだ時に株や不動産に投資をしようと考える方も多いと聞きます。相場が落ちると買いが入る、いわゆる押し目買いが続けば、多くの方が想像するよりも相場は落ち込まないかもしれません。いずれにしてもバブル崩壊の二の舞いにならない様、より優れたサービスや商品を国内だけでなく世界中に提供する事によって、オリンピックの後にも景気後退にならない様にしっかりとした足取りで成長をして欲しいと願っております。とにかくバブル崩壊後しばらく続いていた過剰設備やデフレ問題に苦しむ『元気のない日本』に戻るのだけは避けて欲しいものです。

本来の天気予報についてですが、う~ん、今年ずっと低調な状況が続いてきたインドネシア、マレーシアに状況には明るい兆しは全く見えず、より悪化している様に思います。一番の優等生であるフィリピンにも悪い空気が流れて来たように思います。来年に大統領選挙を控え、選挙の結果を見た上で、投資を再開しようと考え、しばらくは投資を抑え気味にしようという事業家が増えて来ているようです。その様な状況下では当然トラックの需要が落ちる要因となります。数か月前にフィリピン向けのトラックも既にピークアウトしていると思われます。フィリピン向けトラックお相場が落ち始めると、バイヤー達はもう少し価格が下がるまで様子を見ようという行動に出ます。そうなると買いが弱まって更に価格が下落し、更にバイヤーが様子を見て価格が下落という悪循環に陥りやすいです。現在のアジアにおいて中古トラック市場の最後のリゾートでありますフィリピン市場だけでも何とか元気を保って欲しいと切に願っております。

天気予報

1)フィリピン向け 前々回:晴れ 前回:晴れ 今回:曇り

 今までの反動なのか全体の動きが鈍くなってきているように思われます。トラクターヘッドの需要は下がり少し前までオークションで300万円を超えていた、いすゞのシングルヘッドEXD52D3が今のオークションでの値段が200万円前後になっています。来年5月に任期満了に伴い大統領選が行われます。クリスマス前と大統領選前には一時的な駆け込み需要があると思われます。

2)マレーシア向け 前々回:曇りのち雨 前回:曇りのち雨 今回:雨

 年末になり業者によって輸入権の期限切れになるところが出てきています。業者によってはまだ輸入できるところもあるそうです。それでもトラック商売の動きは鈍いままです。来年の新しい輸入権の発行予定がまだ発表されていないそうです。輸入トラックの商売が不透明な状態のためトラックだけでなく中古乗用車への商売に参入されている業者も見受けられます。

3)シンガポール・インドネシア向け 前々回:曇り時々雨 前回:曇り時々雨 今回:曇り時々雨

 相変わらずインドネシアは今年は資源輸出等の落ち込みにより
為替が落ち込んでおり 経済は冷え切っており 建設がとまっている
ビルなどもみられるそうです。
道路工事は引き続き 需要があるようでほとんどの引き合いが道路工事関係の機械となっています。
在庫用の安くていいものを探すというのも落ち着いてしまっていますので
回復を待ちたいと思います。

4)ミャンマー向け 前々回:晴れ 前回:曇り 今回:曇り

  11月にミャンマーの大統領選挙があるため商売がゆっくりになっている状態だそうです。年末は新しい輸入規制などについての噂などがでるものです。今年も年末に近づき来年以降の話が出てきています。
 現時点で決まっていることは右ハンドルの輸入禁止が2018年までには始まるのではとのことです。2018年は東南アジアの物流を活発にするために運用されるアジアンハイウェイの交通ルールが統一されるそうです。そのため右ハンドルであるのミャンマーは左ハンドルに変更する必要が出てきているようです。今後の動向に注目です。